読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キッチンに住んでいます。 ~Life starts from Kitchen !~

都内の築33年の中古マンションをフルリノベーションした経験のブログ。キッチンが真ん中にあってもいいじゃない!

3. 自分好みの物件の決め方

前回の記事はコチラ

さて。

0歳の娘を連れて、ツマと3人でやってきました。2件の中古マンション物件の見学。

季節は春先。4月上旬です。思えば、結婚式も桜が満開だったなあ! 

 

__________________________

スポンサーリンク

?

 

1件目。

バスで吉祥寺や三鷹にすぐに出られるところです。

到着した物件は・・・がたくさん咲いた素敵なところでした。

部屋は細かく分かれているけど、1:2くらいの長方形で、リノベーションするにはとてもよい感じです。築年数は33年ですが、建物がしっかりと管理されているようです。

売主様が住んでいて、とても感じのよい方です。

 

2件目。

立地はやや西。窓の外はのどか。

・・・それはいいけれど、リフォームされていました。されちゃっていました、というのが正しい表現でしょうか。リフォームされているせいで、価格は高め。その割に、建てつけの悪いドアがついていたり、おしゃれな内装とは言えません。

そして、だれも住んでいません。

これから全部壊すのになあという感じでした。

 

結論は明らかでした。

妻とも意見は完全一致です。

 

決め手は、

「住人の方の雰囲気」

「価格」

「部屋のかたち」

 

これで、私たちのリノベーションが開始されます!

(人が住んでいると、立地に基づく生活の感じが聞けてよかったです。また、これから住むのですから、住人の方が温厚な方だったりすると、近所の付き合いに問題を抱えていないはずなので、安心できました)

 

・・・と、その前に、以下の項目の確認が必要です。

①マンション修繕履歴

②空室数

修繕積立金の運用状況

④リノベーションができるかどうか

 

①~③はしっかり調べてもらえるのですが、④については、「管理規約」と「これまでのほかの部屋の実績」と「リノベ会社の経験」から判断。どこまで確信が持てるか、というのを情報から判断します!

(100%はないのです。これは後にまた浮上する話題です。)

 

以上は、リノベーションするにあたって、とても重要な4つの項目。

 

結果は

①ちゃんと同じ周期で大規模修繕が実施されている

②ほぼ満室(300戸近くあって、そのほとんどが埋まっています!)

③滞納などほとんどなく、現状でも数億円ある(マンモスマンションです)

④「規約上」では「水回りの変更」に懸念があるが、ほかの部屋で「変更実績」が確認できたのでOKと判断!

 

もともとの間取りと写真はこんな感じ↓でした。

f:id:uchi-tabe:20150113235848j:plain

 

今回の部分は、リノベーションにおいて、たぶん3つの指に入る重要ポイントだったのではないかとおもいます。

 

次回は、リビタのサービスについてです。 

 

続きが気になるっ!という方は応援のクリックお願いします!

  ↓↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

?

「キッチンに住んでいます。」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。