読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キッチンに住んでいます。 ~Life starts from Kitchen !~

都内の築33年の中古マンションをフルリノベーションした経験のブログ。キッチンが真ん中にあってもいいじゃない!

【アイテム紹介】スポットライト

部屋の照明 ライト をどのようなものにするのか、結構悩むものです。

 

種類については、提案をもらえていたので決まったのですが、実際に色やらカタチやらを選ぶと結構種類がある。

 

__________________________

スポンサーリンク

?

 

 

結局うちが選んだのはコレ。

ブラックでライティングレールも統一しました。

ライティングレールにも色はありますので、こちらは工事中に決めます。

(色は決めたものの、どのスポットライトを使うかについては最後に決めました。これは不動産ではないので、後から自分で買ってつけるものなのです)

f:id:uchi-tabe:20150909235303j:plain

円筒の部分の質感はマット仕様。

光の色も写真のように電球色です。暖かい色。でもLEDなのでエコ。

 

リビングで照明をつけるのは、大抵は夜。

夜に白色の明かりをつけると、体が眠るモードに移行できない気がするのです。

 

なので 我が家のライトの色 は、ほとんどすべてが電球色(オレンジ色・橙色)です。

 

f:id:uchi-tabe:20150909235711j:plain

 

躯体を出した状態の梁との見た目の組み合わせがわかるように写真を撮ってみました。

 

スポットライトだけを想像すると なんだかスタジオみたいになってしまいそうですが、実際の部屋の設備として使ってみると、全然そんなことはありません。

 

スポットライトのよいところは、角度や向きを変えられること。

 

明るくしたいところ、明るくしたいエリアを決めて、自分の好みにできます。

また、ふとしたときに「ここでミシンする」というときなどに、そこだけに光を当てるようにくるっと回転して手元を明るくすることもできます。

 

さらに、我が家では壁一面収納(パントリー代わりです)がありますが、そこの中を照らすために、こんな使い方もしています。

 

f:id:uchi-tabe:20150910000112j:plain

 

壁一面を収納にして、すべてを引き戸で目隠ししているのですが、あけたときに中を全体的に見るために照明がほしいのです。

 

スイッチひとつでこんな感じで照らせると、使いやすくできます。

 

これが実現できるようにライティングレールを導入しておくことが重要です。

 

f:id:uchi-tabe:20150910000316j:plain

 

我が家で使ったのは、こちら。

 

応援よろしくお願いします。

 ↓↓↓

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

?

 

 

「キッチンに住んでいます。」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。