読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キッチンに住んでいます。 ~Life starts from Kitchen !~

都内の築33年の中古マンションをフルリノベーションした経験のブログ。キッチンが真ん中にあってもいいじゃない!

SpareRoomをどういう部屋にするのか

スペアルームです。

余分な部屋というより、なんでもできる部屋。

名前はスペアルームだけど、内容から考えれば、「Responsive Room」とかの方がよいのかもしれないですね。

 

__________________________

スポンサーリンク

 

 

SpareRoom

 ってどこのことかってとこから説明必要ですよね。

 

このエリア↓です。

f:id:uchi-tabe:20150803001932j:plain

もともとは 仕切るけど部屋をわけないでほしい

とだけお願いしていました。

(なんてワガママな(笑))

 

これが元のデザインです。

 

f:id:uchi-tabe:20150803002009j:plain

袋小路にせず、

上が開いていて開放的な空間。わくわくします。なんでも作るときは、わくわく感が大切だと思います。

 

肝心の寸法については

・将来内側にダブルベッドが置けるように

・そのときにダブルベッドが見えなくなるようにしたい

・リビング側からピアノが搬入できる巾を確保してほしい

という要望でお願いしました。

 

f:id:uchi-tabe:20150812003909j:plain

 この小窓では

・子供が遊ぶことを想定します。

・キッチンから 親子が顔を合わせられます。

・お店やさんごっこができます。

・お互いに意識すれば何をしているかわかるけど、普段は「いる」ことしか気づきません。

 

そんなことから、

小窓は大きめの1つに変更。

 

また、

・引き戸は子供が手を挟むリスクがあること

・将来的に見えなくしたいときはなんとか追加できること

を考えて 引き戸はやめました。

 

 

ここは

■しばらくは子供遊びスペース

■次に子供勉強 音楽スペース

■最後に 親の睡眠スペース

と時間に合わせて、時代に合わせて変化する部屋です。

 

すべてを満たすように 素敵に設計してもらえました。

本当にありがとうございます!

 

クリックすると喜びます。筆者が。

  ↓↓↓

 

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

 

 

「キッチンに住んでいます。」は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。